Asanaを社内に浸透させる方法


asana アジェンダ


チームメンバーはあなたといくつかのチームメイトがAsanaを使用していて、お互いの仕事を一緒に追跡することの利点を見ているので、チーム全体にAsanaを提案する準備ができているかもしれません。 そのような状態であれば既に基礎はできているので、今度はキックオフミーティングを開催して残りのチームをAsanaに招待しましょう。



Asanaキックオフミーティング開催


チームメイトを全員参加させる準備ができている場合は、チームとのミーティングを開催して、Asanaのメリットを話し合い、全員が同じ理解度である状態で始めることをおすすめします。


1. Asanaキックオフミーティングアジェンダプロジェクトを作成する

アジェンダプロジェクトに追加することをお勧めする手順は次のとおりです。


  • なぜAsanaなのか?

  • Asanaのデモをする

  • あなたのお気に入り機能を説明する

  • あなたがどのようにAsanaを使っているか説明する

  • 説明書類を提供する

  • 次のステップと期限を決める


ヒント:上のリストをコピーして新しいAsanaプロジェクトに貼り付けて、各項目をタスクにすることができます!


2.何故Asanaなのかを説明する

ミーティングを開催する前に、Asanaを使用するためのあなたのチームの目標がどのようなものであるかを反映し、ミーティングアジェンダにその部分を取り込む事をお勧めします。 また、Asanaが既に使用している他のツールとどのような関係になるのかを説明しましょう。


Asanaを使う利点を説明します。


  1. 誰がいつまでに何をするかが明確になる

  2. 仕事を進めるための仕事ではなく、仕事に集中できる

  3. あなたの仕事が全体の目標にどうフィットするかを確認できる


次に、Asanaがメール、ファイル共有ツール、グループチャットシステムなどの他のツールとどのように適合するかを定義します。 Asanaは、タスクとプロジェクトの形で構造化された実践的な作業を作成します。従い、その作業に協力し、進捗状況を測定する方法を説明します。 別のツールの代わりにAsanaを使用する場合(例:仕事の依頼、ドキュメント保管場所、チャットなどにAsanaを使用する場合など)の実際の例をいくつか提供するとよいでしょう。


3.Asanaの機能のデモをする

チームのワークフローに基づいて効果的に作業を追跡するために、Asanaの主な機能をチームに伝えてください。 次のような基本を網羅するようにしてください。

  • Task

  • Task details

  • Project

  • Teams

また、あなたの好きな機能(愛を示してください!)、あなたがAsanaで見た結果、好きなもの、そして残りのチームがどのように恩恵を受けるかを説明することもできます。 ここでは、始めるために表示できる機能をいくつか紹介します。

  • Inbox

  • My Tasks

  • Project views

  • @mention

  • Search news

ヒント: 管理者、セキュリティ、プライバシーの設定の追加、カスタマーサポートサポートを必要としているチームは、Asanaエンタープライズ製品も検討しましょう。

4.あなたがどのようにAsanaを使っているか説明する

Asanaは、様々な方法で使用できる柔軟なツールです。 Asanaを使用する「正しい」方法は1つではないので、あたなたは今までのAsanaの機能をどのように使ってスムーズなワークフローを確立したか説明することができます。 既存のタスクやプロジェクトを例に取り、ワークフローをどのように構成したかを説明することができます。 後で、あなたのチームは、誰にとっても最適なワークフローであると共通認識の元Asanaに参加することが出来るでしょう。

5.説明書類を提供する

Asanaのサイトもしくは本サイトから必要なドキュメンテーションを提供しましょう。